タンクのバルブが開いた状態で セカンドステージを落とした、ぶつけた、または パージボタン[フェイス]を深く押したりすると、『オーバーフロー[フリーフロー](意図せぬ中圧空気の連続放出、出っ放し)』が発生する場合があります

  その時 貴方は、どの様に対処していますか?

  ここでは、「発生のメカニズム」と「正しい対処法」について説明致します。

 

 《左の写真》は、フェイス[カバー]を外したセカンドステージです。

    * 各レギュレーターが採用しているシステムにより内部の構造は若干異なります。

 《左下に示したイラスト》は、セカンドステージの断面略図です。

 

 

【内部構造】

   ダイアフラム  : シリコン製。容器に密着固定され、セカンドステージ内部をA室B室に分けています。A室B室の間に圧力差が生じると、素材特有の柔軟性を生かして、A室B室が同圧になる様に 一定範囲内で動きます[変形します]。

 デマンドレバーダイアフラムの動きを『てこ(梃)の原理』を用いてデマンドバルブに伝えます。

 デマンドバルブ : デマンドレバーに連動して 中圧空気の放出・遮断を行います。通常は 内部にあるスプリングの張力により、中圧空気の放出を抑えています。

 

 

【発生のメカニズム】

  《左図内》の『点線→実線』は、ダイアフラムデマントレバーの動きを表しています。

  圧力とは、単位面積の上にかかる重さです。空気には 0.00128/Lの重さがあるので、圧力を作り出します。この空気の圧力を「大気圧」と言います。

 

  セカンドステージを何かにぶつけると、内部にあるダイアフラムは大きく振動します。この時 ダイアフラムが所定の位置からB室側に動くと、その動きはデマンドレバーを介してデマンドバルブに伝わります。

  バルブが開いて中圧空気が放出されると、その影響で B室内には空気の流れ(気流が発生じます。

 

  枠内は 空気を一粒の固まりに見立て、それが持つ圧力(押す力)の内、ダイアフラムに作用するものだけを表したものです。

  陸上において A室B室は共に空気で満たされているので、ダイアフラムを押す力(AB)はつり合っています。

  続いて B室内に気流が生じると、そこにある空気の粒は他方向《図の上では側面方向》から力を受けるので、B室側からダイアフラムを押す力(B)は Aよりも小さくなります

 

  気流により A室B室には圧力差が生じるので、ダイアフラムB室側に押されたまま元に戻れません。この動きはデマンドレバーを介してデマンドバルブに伝わるので、バルブは開いたままとなるので中圧空気の放出は続き、それが更なる気流を生み出すので、オーバーフロー[フリーフロー]は延々と続きます。

 

☆ B室内に発生した空気の流れ(気流)により ダイアフラムが押され続ける現象は、飛行機の翼に生じる『揚力』と同様のものです。

 

 

【正しい対処法】

  中圧空気の放出が止まらない という状況を断ち切るには‥、

     1. B室内に生じた気流を抑える、流れを変える

     2. 外力によって ダイアフラムを所定の位置に戻す

 などの方法を考えることでしょう。

  殆どのダイバーは意識せずに 2.を選択して セカンドステージを振ったり叩いたりするのですが、大きさが直径7〜8cm程のダイアフラムとはいえ、そこには飛行機を空中に浮かせる『揚力』と同様の力が作用している訳ですから、振る・叩く等といった外力によってダイアフラムを元の位置に戻すことは 非常に難しいと言えます。(はっきり言って無理です)

  そこで デマンドバルブから放出される中圧空気の大半が通るマウスピースを掌で塞ぐと、B室内に発生していた気流に乱れが生じる、または 行き場を失った放出空気により B室内の圧力が元に戻る)ので、ダイアフラムの両面に生じていた圧力差は無くなります。

  これにより ダイアフラムは所定の位置に戻るので、デマンドレバーと連動するデマンドバルブからの中圧空気の放出は止まります。

    * 放出された空気の最終出口であるマウスピースを塞ぐ事ができるのであれば、掌に拘らずどの様な方法でも構いません。

        + 口に銜える、腕や体に押しつける 等。

    * 水中では、マウスピースを水底方向に向けることでも止まります。

 

 

全てのセカンドステージにおいて この様な現象が起こる訳ではありません。デマンドバルブの形式やスプリング張力の強弱、ダイアフラムの形や厚み、デマンドレバーの形状や重さ、B室内に発生する気流の向きや強さ 等々、これらの単独 または 複合要因により 『発生し易いもの・し難いもの』があります。

    * 『発生し易いものは 欠陥品、調整不良』という訳ではありません。オーバーフロー[フリーフロー]とは、どちらかと言えば 『ダイバーの取扱上の不注意』によるものが非常に多いのです。

  大事なことは、水中での呼吸を確保してくれるレギュレーターの取扱に細心の注意を払い、常にセカンドステージをリカバリーしておくことです。

    * セカンドステージを落としぶつけ、それが原因で生じたオーバーフロー[フリーフロー]を止めると称して 更に叩くなんて、とんでもないことです。この様な行動は、自らの知識[トレーニング]不足を吹聴しているのと同じです。ご注意下さい。

    * 参考  メンテナンス(器材の維持・管理)

            『シェアエアセカンドステージの保持』

 

 

(追記)

  保持(リカバリー)されていないシェアエアセカンドステージ(オクトパス、セーフティセカンド)が、エントリー時にオーバーフロー[フリーフリー]することが時折あります。これは《左図》の様に、水圧によって ダイアフラムB室側に移動したことがきっかけです。

  水中で発生した場合は、マウスピースを水底方向に向けると 速やかに空気の放出は止まります。その後 セカンドステージの向きを変えながら B室内を水で満たせば、オーバーフロー[フリーフロー]は再発しません。

  予防には、セーフティプラグ(オクトパスリテーナー)が最適です。

    * 参照 : メンテナンス 『シェアエアセカンドステージの保持』

 

 

 

                   ☆ ご意見・ご質問等ございましたら、下記アドレスまでお送り下さい。

                                     scuba@piston-diaphragm.com